電話する

地図

問い合わせ

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
緊急事態宣言につき
予約枠を縮小して診療をしております。
詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓
「当院の新型コロナウイルス対策について」
ご確認よろしくお願い致します。
ヘッダーオファー

入れ歯治療

安定した咬合を考えた
義歯作りを行っています

入れ歯の悩み、一緒に解決いたします!

子どもだけのものだと考えていませんか?大人も歯列矯正が可能です

歯が抜けたり欠けたりすることは、加齢によって引き起こされるだけではありません。
むし歯や歯周病、そして事故等によっても発生します。

歯を抜けたままにしておくと、他の健康な歯に余計な負担をかけてしまい、その結果、他の歯の寿命も短くなってしまうことがあります。

なくなった歯を補う治療法として、いちばん歴史があってよく知られているのが「義歯(いわゆる「入れ歯」)」を使う方法です。

美味しく食事を楽しんで頂くために、楽しくおしゃべりして頂くために、当院でも、随時入れ歯の作成や調整を行っております。

入れ歯にするメリット・デメリット

メリット

  • 治療費が比較的安い
  • 手術をしなくて良い
  • 治療期間が短くて済む
  • 取り外しができる
  • お手入れが簡単
  • 顎の筋肉が少し痩せやすくなる
  • 見た目に入れ歯だと分かることが多い
  • 硬いものが噛みにくいことがある

デメリット

  • 顎の筋肉が少し痩せやすくなる
  • 見た目に入れ歯だと分かることが多い
  • 硬いものが噛みにくいことがある

入れ歯が合わない場合

合わない入れ歯を無理して使っていると、あごの骨が徐々にすり減っていくことになります。
そうなるとさらに入れ歯は合わなくなり、悪循環に陥ってしまいます。
少しでも違和感がある場合は我慢なさらずにお申し出下さい。

保険診療と自費診療

入れ歯には、保険診療のものと自費診療のものがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

当院では、総入れ歯から部分入れ歯まで、保険適用の入れ歯だけでなく、自費診療の入れ歯も取り揃えています。
患者さんの症状やご予算に合わせて、しっかりフィットする入れ歯をご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。

保険適用の入れ歯

ワイヤー矯正
レジン床義歯

オールレジンの入れ歯です。

素材の性質上、歯茎に触れる床部分に厚みが出るため、食べものの温度が口に伝わりにくく、また、どうしても口の中に異物感が出てしまいます。

保険が適用されますので治療費は安く、比較的早く入れ歯が完成します。

自費診療の入れ歯

金属床義歯
金属床義歯

床部分が金属でできた入れ歯です。

レジン床義歯と違い、床が薄く作れるため、口の中の違物感はあまりありません。
また、食べ物の温度が口に伝わりやすく、味を十分楽しめます。

使用する金属については、コバルトクロムは丈夫で長持ち、チタンは軽量でアレルギー反応を起こしにくいという特長があります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

留め具のない部分入れ歯です。

軽くて弾力性がある樹脂でできているため、歯茎にフィットしやすい入れ歯です。

留め具がないため、見た目には入れ歯だということもわかりにくい特長があります。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

歯の根っこ部分に磁性金属を埋め、入れ歯側に付いている磁石と、磁力によって固定する入れ歯です。

使用中にずれたり外れたりすることもなく、しっかり噛むことができます。

インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー

すべての歯を失った場合に受けられる治療法です。

顎の骨に2〜4本のインプラントを埋め込み、取り外し式の総入れ歯を装着します。

インプラントに総入れ歯がカッチリと固定されますので、しっかりと噛むことができます。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-803-6350へ

診療時間
10:00~13:30
15:00~18:30
/
/
休診日 / 日曜・祝日
◎ 9:30〜17:30までとなっております。※ 昼休みはございません
ご予約・お問い合わせはこちら
くらとみ歯科クリニックの外観
フッターオファー
© くらとみ歯科クリニック